新着情報

77歳、喜寿のお祝いにふさわしいプレゼント7選

77歳、喜寿のお祝いにふさわしいプレゼント7選

喜寿まで元気に生きる、非常に喜ばしいことですね。

最近は77歳で健康な方がとても多く、そのありがたみを忘れそうになりますが、77年の間、沢山の事を乗り越えてきた上で生きている。
それは本当に本当に凄い事です。

そんな素晴らしくおめでたい日を心を込めてお祝いしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

還暦程大掛かりにお祝いする風潮が無い喜寿なので、お祝いの気持ちを形にしてお渡ししたい方はプレゼントに悩むことでしょう。
そんな方へどのようなものをプレゼントするとよいか、少しだけアドバイスさせて頂きます。

1.お花

お花

まず間違いが無いのはお花です。
場の雰囲気が和みますし、なかなか自分ではお花を買わなくなったという方も多くプレゼントすると喜ばれます。

しかし、気をつけたいポイントがあります。

それはカラーです。
喜寿のメインカラーは濃紺、紫です。

しかしチョイスを間違うと不祝儀になりやすいカラーなので、プラス白などの仏事で使用する配色はやめましょう。
紫でも薄紫や赤紫などのいろのお花を選ぶとよいでしょう。

メインカラーに拘らない場合、百合は長寿を祝うお花とされていますので、百合をメインにもってくるのも良いでしょう。
お花は間違いが無いと先述しましたが、以下の方にプレゼントする場合は不向きです。

  • ・花瓶に移す手間を嫌がりそうな方
  • ・花粉症の方
  • ・遠方からいらっしゃる方

2.ストールやマフラーなどの巻物

スカーフ

オシャレな方へピッタリのプレゼントです。

歳を重ねると、首回りのシワやシミが気になって首を出したく無いという方が多いです。

特に美意識の高い方は気にされる傾向にあります。
それをオシャレにカバーできるアイテムは重宝して頂けること間違いなしです!

喜寿のメインカラーの紫は、肌に透明感をもたらし美しく見せてくれる色なので、特におススメです。

3.帽子

帽子

すっかり現役を引退しているとはいえ、まだまだパワフルでアクティブな方が多い世代です。
ご友人やご家族と色んな場所へお買い物、ご旅行と行かれることでしょう。

そんな時に欠かせないアイテムといえば帽子ですね。

近年、年間の気温差が激しいですよね。

夏はとんでもない猛暑、冬は身も凍る寒さが続きます。
熱中症は命取りになりますし、冬場も防寒の為の帽子は欠かせません!

元気に長生きして欲しいという願いを込めて、帽子を贈るのも良いでしょう。

4.家族写真

還暦着物写真

喜寿を迎える方がご家族の場合、家族写真を洒落たフォトフレームに入れて贈るのも喜ばれます。

最近は子どもや孫と三世帯で住んでいるという方は少ないですよね
なかなか一緒に居られないからこそ、毎日写真で顔を見るのが日課や何よりの生きがいになるものです。

子や孫の顔を見てまだまだ元気でいなければ!と思って貰えたら、贈る側としても、とても嬉しいですよね。

〈衣装・ヘアメイク付き喜寿祝い家族撮影承ります。〉

5.手紙

手紙

喜寿にもなると、正直なところ、持っていないものは殆どありません。
「お祝いしてくれるその気持ちが嬉しい」という言葉が、より深みを増してきます。

その思いに一番応えられるのがお手紙ではないでしょうか。
日頃の感謝や労いや愛情をしっかり込めて書いた手紙ならば、どんな筆下手な方からであっても、絶対に喜んで頂けます。

お祝いするのに大切なのは、決してお金をかけることではありません。

6.温泉旅行

温泉旅行

たとえ遠方でなくても、家族や仲の良い人達で集まって、ゆったり語らいながら温泉旅行に行けたなら、本当に良い思い出になります。

いつか行こう、落ち着いたら行こう、なんて話をしていても、中々予定が合わなかったりして行けずじまいなんてこともよくありますよね。
折角の喜寿というおめでたい機会に、温泉旅行をプレゼントしみんなで同行してしまうのはいかがでしょうか。

7.ワイン

赤ワイン

先程から先述している通り、喜寿のメインカラーは紫です。
それに因み、もし喜寿を迎える方がお酒好きであれば、赤ワインを贈るのも良いでしょう。

もしお酒好きでない方でも、最近は、ワインを模してボトルに入っている、大人の葡萄ジュースなども売られています。
ご自宅で楽しんで頂くのもいいですし、お食事の席で、みんなで飲むのもにもよいですよね。

まとめ

以上、7点挙げさせて頂きました。少しでも参考になれば幸いです。
どんなものであっても、心を込めて選んで貰えたならば嬉しいものです。

あまり悩みすぎず、贈る方の笑顔を思い浮かべながらプレゼントを探してみてくださいね!
きっと、その方にピッタリのプレゼントが見つかるはずです。

On , by sys-happyend-admin

ページトップへ戻る